三国志13攻略サイト

城  部隊能力の計算式と編成  城

部隊能力の計算式

部隊統率 = 主将統率+(副将統率+絆Lv×10)×0.2+(副将統率+絆Lv×10)×0.2
部隊武力 = 主将武力+(副将武力+絆Lv×10)×0.2+(副将武力+絆Lv×10)×0.2
部隊知力 = 主将知力+(副将知力+絆Lv×10)×0.2+(副将知力+絆Lv×10)×0.2

部隊攻撃 = 部隊統率×兵科攻撃×主将兵科適正
部隊破壊 = 部隊統率×兵科破壊×主将兵科適正
部隊防御 = 兵科防御×重臣特性
 ※ 兵科適正 S=1.3、A=1.2、B=1.1、C=1
 ※ 重臣特性 慎重堅守=1.1、豪胆猛進=0.95

簡単に説明すると、部隊の攻撃と破壊は統率や兵科が影響し、部隊の防御は兵科が影響し、兵撃は武力が影響し、戦法の効果時間は知力が影響します。

絆の効果

絆のある武将を副将に入れると、絆レベルに応じて各能力にボーナスが付きます。統率40の配偶者を副将に入れた場合だと、部隊統率が16増加します。これは、統率80の武将を副将に入れた時と同じ効果です。

能力の高い武将は、別部隊の主将として使った方が効果的なため、妻や兵科適正の低い武将が副将として適任です。

その他の計算式

最大士気 = 兵科熟練÷50 + 70 + 従属集落効果
上位兵科 = 兵数×兵科費用×0.01

士気の最大値は70が基本となっていて、「槍兵熟練」などを50上げるごとに、対応する種類の兵科の最大士気が1上がります。集落の中には、従属させることで最大士気が上がるものもあります。

上位の兵科には費用がかかります。費用10とかかれた「強槍兵」なら、兵1万で金1000がかかります。

統率と兵科適正

統率と兵科適正の影響を分かりやすく数値化したのが下表です。

部隊攻撃適正S適正A適正B適正C
部隊統率100130120110100
部隊統率 901171089990
部隊統率 80104968880
部隊統率 7091847770

兵科適正の影響力は意外と大きいです。兵科適正は主将のものしか反映されないため、適正の高い兵科を持つ武将を主将に選ぶと良いです。

部隊の特技レベル

特技レベルは、主将と副将2人の中で最大の数値が部隊として発揮されます。ただしそれは、情報画面で「特技2」に分類された特技に限ります。

指揮兵力が増える「威風」は「特技1」に分類されていますので、副将に「威風」の高い武将を入れても、部隊の指揮兵力は増えません。

部隊編成の基本

戦争において、武力や知力よりも圧倒的に統率が重要です。高い兵科適正と統率を持つ武将を主将に選び、主将と絆のある武将を副将に選ぶと良いです。

絆のある武将を副将に選べない場合は、特技を優先するのも良いです。「水練」や「鬼謀」などは、主将向きの優秀な武将でも持っていないことが多いです。

兵撃特化部隊

高レベルの「豪傑」や全部隊に兵撃を発動できる戦法を持つ武将がいたら、その部隊を兵撃に特化させるのも良いです。

武力だけが高い武将は主将に選びにくいので、兵撃特化部隊の副将にぴったりです。

戦法特化部隊

「偽報動揺」「偽報扇動」「偽報撹乱」「火計」「神医」などの戦法を持つ武将は、戦法専用部隊の主将としても活躍できます。

直接攻撃に参加しないので、兵力は少なくても良いです。部隊防御は兵科しか影響しないので、統率や武力の高い武将で編成する必要もありません。

副将に「奮戦」「神速」を持つ武将や知力の高い武将を加えれば、さらに使いやすくなります。

三国志13PKの攻略内容

パワーアップキットの特徴

パワーアップキットの評価

身分の特徴と楽しみ方

シナリオ

歴史イベント・特殊絆

威名

君令

戦術

戦法

侠客プレイ

商人プレイ

武官プレイ

官吏プレイ

女性武将と結婚条件

おすすめ武将

おすすめ主人公

同志の増やし方

部隊能力計算式

パワーアップキットの裏技

コーエーへの要望

三国志13の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

好きな身分アンケート

都市人口と都市技術

兵科能力

特技の効果

重臣と重臣特性

おすすめ主人公

登録武将の作成例

育成プレイ

反乱プレイ

収入の計算式と都市開発

部隊能力の計算式と編成

小技・裏技集