三国志13攻略サイト

城  育成プレイ  城

育成のシステムや育成プレイ向きの武将をご紹介します。結婚については、「女性武将と結婚条件」をご覧ください。

主な育成手段

師事による育成
主人公に感情を抱いた相手から師事を受けることができます。能力差が大きいほど得られる経験値は大きいです。修得できる特技や戦法がある場合、師事の後で確率で舌戦が発生し、これに勝利すると修得します。特技は、相手の特技レベルが上限で、未修得(Lv0)の特技は修得できません。戦法は、舌戦勝利後に残す方を選択し、もう一方は失います。
絆による育成
絆を結ぶと、相手の伝授特技を修得します。師事の場合と異なり、未修得の特技も修得できますし、特技レベルも必ず1段階(最大Lv9)上がります。
育成できない能力
兵科適正と重臣特性は、修得や育成ができません。一部の重臣特性によって兵科適正を上げることができますが、効果は一時的で、重臣から外せば兵科適正も元に戻ります。

絆の結び方

1.親近感を上げる
親近感は色々な場面で上がりますが、「手伝い」→(感謝状態)→「談話」→「師事」と繰り返すのがおすすめです。自分の能力も上がりますし、味方の昇進を早めることもできます。
2.絆イベントを発生させる
親近感80と感情状態の2つを満たして訪問すると、絆イベントが発生します。相手が興味を持つ名品を贈れば確実に感謝状態になりますが、お金のかからない「手伝い」がおすすめです。
3.絆イベントを達成する
絆イベントにも色々な種類がありますが、指定された名品を贈るか、一騎討ちや舌戦に勝つのが条件です。名品は特定の品物を指定されますので、高額になることが多いです。絆イベントを変更する裏技は、この下で紹介します。
4.絆レベルを上げる
絆を結んだ相手と内政や戦争を行うと、絆レベルが上がることがあります。自ら相手を手伝うより、相手からの協力要請を待ってから応えた方が、絆レベルが楽に上がります。手っ取り早く上げたい場合は、相手の興味に合った安い名品を贈るのも良いです。
5.結婚する・義兄弟になる
絆レベル3の莫逆之友になったら、相手が興味を持つ名品を贈ります。相手が異性なら結婚、同性なら義兄弟になれます。男性は最大3人の女性と結婚できます。義兄弟は最大で4人です。

絆イベントを変更する裏技

絆イベントが発生する条件を満たしたら、まずはセーブします。そして、実際に絆イベントを始めてみて、主人公が苦手な内容だったら、ロードで戻ります。絆イベントの内容は日にちで変わりますので、1日進めて絆イベントを試し、苦手だったらロードで戻って2日進めて試します。

絆イベントの種類は、武将の興味である程度決まっているようで、毎回、名品購入ばかりを求められる場合もあります。ただ、その場合でも購入する名品の種類などは変化しますので、可能な範囲なら妥協も必要です。

お金も一騎討ちも舌戦も必要ない、名酒探しが最も簡単です。

名品による特技と師事

師事による特技の修得は、レベル1以上の特技に限定されますが、名品により使えるようになった特技レベル1は、師事の対象になりません。

つまり、未修得の特技は、まずは絆イベントで修得しなければなりません。

育成プレイの楽しみ方

育成向き武将を選ぶ
開始時の能力が低い方が育成のしがいがありますが、知力だけはある程度高くないと、特技が修得しづらいですし、外交も成功させづらいです。外交は、育成プレイでも重要です。兵科適正は上げられませんので、1つは得意の兵科があった方が良いです。登録武将でプレイするのも面白いです。
育成プレイの基本
育成には時間がかかりますので、自由に行動できる一般や重臣の身分がおすすめです。任務は受けず、手伝いばかりしていれば、限りある特権を少しずつ使うことができます。仕事が中断される評定も無視します。武将にもよりますが、「寿命」は「長寿」か「なし」に設定した方が長く育成できます。
育成プレイの応用
知力の高い君主軍師重臣の場合限定ですが、同盟などで派手に活躍する方法でも、育成はできます。積極的に階級を上げれば、名品を購入しやすくなりますし、他の武将も畏敬状態になりやすくなるので、師事へ繋げることができます。

育成向きのおすすめ武将

184年 郝萌 [河内在野]
能力は平凡ですが、騎兵適正Aで、低レベルの特技が6つもありますので、師事だけでもぐんぐん強くなります。何進軍なら、外交が使えなくても何とかなります。
190年 貂蝉 [洛陽在野]
知力が高く、公正無私の重臣特技を持ち、特技も5つあります。イベントを発生させなければ、強い董卓軍で存分に育成できます。身分が低くて知力が高いので、獲得した特権で次々と同盟を結ぶことができます。
190年 許攸 [袁紹軍一般]
許攸といえば官渡の戦いですが、年齢的に早めのシナリオの方がおすすめです。知力が高いので、外交も得意です。
190年 韓玄 [洛陽在野]
4能力の合計が66という低さです。舌戦にも勝てませんので、絆づくりが中心になります。陶謙に仕官すれば、劉備に嫁ぐ前の女性2人とも結婚できます。
200年 孫翊 [孫策軍一般]
兵科適正が高く、特技が6つもあり、17歳にして妻もいます。育成に専念すれば、めきめきと強くなります。
207年 李異 [孫権軍一般]
武力と兵科適正は高く、知力と政治は低く、特技は4種類と多めです。このシナリオの孫権軍には3人の未婚女性がいますので、絆づくりもやりがいがあります。
214年 夏侯楙 [曹操軍一般]
夏侯淵の子で夏侯惇の養子ですが、能力合計52で、全兵科適正Cという寂しさです。強大な曹操軍に属していますので、じっくりと育成しましょう。
英雄集結 劉禅 [劉備軍一般]
育成プレイでは、なぜか劉禅が人気です。両親と妻がいるので、絆の面でも最初から有利です。独自の戦法を持っていますが、特に便利という訳ではありません。
英雄集結 黄皓 [成都在野]
蜀を弱体化させた張本人で、能力合計42は全武将で最低です。任務を放棄し、私腹を肥やし、人脈を利用して政権を掌握するというのは、黄皓にぴったりです。
三国志13PKの攻略内容

パワーアップキットの特徴

パワーアップキットの評価

身分の特徴と楽しみ方

シナリオ

歴史イベント・特殊絆

威名

君令

戦術

戦法

侠客プレイ

商人プレイ

武官プレイ

官吏プレイ

女性武将と結婚条件

おすすめ武将

おすすめ主人公

同志の増やし方

部隊能力計算式

パワーアップキットの裏技

コーエーへの要望

三国志13の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

好きな身分アンケート

都市人口と都市技術

兵科能力

特技の効果

重臣と重臣特性

おすすめ主人公

登録武将の作成例

育成プレイ

反乱プレイ

収入の計算式と都市開発

部隊能力の計算式と編成

小技・裏技集