三国志13攻略サイト

城  パワーアップキットの武官プレイ  城

武官の特徴をご紹介します。最初に武官全体の概要、次にルートごとの特徴とポイントを記します。

威名の条件や効果などは「威名」、具体的なおすすめ主人公は「パワーアップキットのおすすめ主人公」をご覧ください。

武官の概要

武官の威名ツリー
                ┌ 万夫不当 (一騎討ち)
          ┌  達人  ┤
    ┌  猛者  ┤     └ 武術師範 (特権)
    │     │
武人  ┤     └  猛将  ─ 猪突猛進 (私兵)
    │
    │     ┌  勇将  ─  鬼神  (士気)
    └  勇士  ┤
          └  剛勇  ─ 剛勇無双 (制圧)
稽古
「稽古」で自分と味方の武力経験と親近感が上がり、確率で相手が好感状態になります。武力経験よりも、絆結びに効果的です。毎回一騎討ちが発生しますので、特定の威名条件も達成しやすくなります。
各ルートの特徴
「万夫不当」は一騎討ちに優れた威名で、采配戦闘や育成面でも優れています。部隊の能力では、「鬼神」が最強です。特権を獲得できる「武術師範」と私兵を持てる「猪突猛進」には、「万夫不当」や「鬼神」にはない特徴があります。

万夫不当プレイ

万夫不当の特徴
通常、戦闘中の一騎討ちは確率でしか発生しませんが、「万夫不当」なら「挑戦」コマンドで任意に発生させることができます。さらに、「一閃」で一騎討ち開始時に強力な一撃を加えることができます。武力の高い武将なら、「万夫不当」こそが最強の威名です。
「一騎当千」は、敵からの挟撃を無効化し、こちらからの挟撃効果を上昇させます。采配戦闘を楽しむ方なら、この効果は非常に大きいです。
さらに、「練武」で自分と味方1人の武力と統率と親近感を上げることができます。「稽古」と同様、「練武」でも相手が感謝状態になることがあります。「武術師範」や「鬼神」でも自分の統率を上げられますが、味方の統率も育成できる「万夫不当」の方が優秀ですし、同時に絆まで狙えるのは非常に効率的です。
万夫不当向きの武将
一騎討ちが得意な武将なら、「万夫不当」が威名の第一候補です。「一騎当千」があるので、敵の集団に突っ込んで、「範囲」効果のある戦法でまとめて倒すと爽快です。武力の高さを生かして、「全兵撃」効果のある戦法に「青州兵」や「虎豹騎」を組み合わせるのも効果的です。
強力な戦法を持つ、呂布、関羽、張飛、孫策、孫堅、太史慈は特におすすめです。
万夫不当の攻略ポイント
「一騎討ち勝利回数」は、仲間と「稽古」していれば、いつの間にか達成しているはずです。ついでに同志を増やしましょう。
「戦闘勝利回数」は、自由に「出陣」や「編成」できる太守などが楽です。「環境設定」の「異民族自動発生」を「あり」にしておけば、少しは足しになります。

武術師範プレイ

武術師範の特徴
「指南」で味方2人同時に武力と親近感を上げることができます。「演武」で自分の統率と武力を上げることができます。「師範教示」では、1年間の俸禄を代償に特権を獲得することができます。
育成面も悪くないのですが、やはり、特権を獲得できるのが最大の特徴です。
武術師範向きの武将
統率と武力がある程度高くないと、威名条件を達成できません。さらに、獲得した特権で自ら外交したい場合は知力も必要ですが、これらを兼ね備えた武将は姜維や艾など極一部です。
武術師範の攻略ポイント
達人になるのに「戦闘勝利回数」と「一騎討ち勝利回数」、「武術師範」になるのに「累計撃破部隊数」と「同志候補の人数」が必要です。
「一騎討ち勝利回数」は、仲間と「稽古」していれば、いつの間にか達成しているはずです。
「環境設定」の「異民族自動発生」を「あり」にしておけば、賊相手に「戦闘勝利回数」と「累計撃破部隊数」を稼ぐことができます。これだけで達成は難しいですが、少しは足しになります。
「同志候補」は、絆武将と絆武将の絆武将の合計人数です。絆武将をある程度増やせば、その養子との結婚で絆武将が増えますし、「親書」を使って絆武将の絆武将を増やすこともできます。絆武将の絆武将は、重複させても「同志候補」は増えません。主人公はとにかく面識を増やし、絆武将の1人に「親書」を使えば、「同志候補」は徐々に増えていきます。

猪突猛進プレイ

猪突猛進の特徴
「狩猟大会」で私兵と所持金を集めて、「私兵訓練」で私兵の熟練を上げることができます。「将軍」も私兵を持てますが、「将軍」がお金を消費して「募兵」するのに対し、「猪突猛進」は私兵と所持金を同時に集められる点が便利です。
「狩猟大会」でお金を稼ぎ、「稽古」で絆依頼を発生させられるので、同志集めにも向いています。
猪突猛進向きの武将
「猛者」になるのに「一騎討ち勝利」が3回必要ですが、それ以降は時間さえかければ誰でもなれるような条件です。
猪突猛進の攻略ポイント
私兵兵力は「狩猟競争」を繰り返すだけです。「戦闘回数」は、「環境設定」の「異民族自動発生」を「あり」にしておけば、少しは足しになります。
「稽古+」で同志を増やし、「狩猟大会」で所持金を増やしたら、軍師の「巨魁」を目指すのも良いです。私兵は持てませんが、それ以外は優秀です。

鬼神プレイ

鬼神の特徴
戦闘中に待機すると、「瞑想」効果で士気が上がり、高揚状態(士気101以上)になれば「英姿」効果で戦闘力と機動力が大幅に上がります。部隊の能力に関しては、全威名で最強です。
「修行」で兵糧と戦術経験と能力経験を獲得できるのですが、能力経験は少ないため、育成には向きません。
鬼神向きの武将
統率の高い武将が合います。威名条件に一騎討ちがありますので、ある程度は武力もあった方が良いです。采配戦闘をしたくない方にもおすすめです。
鬼神の攻略ポイント
威名条件の「一騎討ち回数」は、「稽古」で親近感を上げていれば、簡単に達成できます。問題は、「累計撃破部隊数」です。
身分一般から開始する場合は、しばらくは地道に功績を上げると良いです。太守になれれば、積極的に出陣することができますので、「累計撃破部隊数」も稼ぎやすくなります。

剛勇無双プレイ

剛勇無双の特徴
「魁」で制圧速度と機動力が上がります。敵陣へ真っ先に突撃したり、敵を引き寄せてから本陣を急襲するようなプレイが可能です。
剛勇無双向きの武将
「魁」を活かすためにも、槍兵か騎兵が得意な武将が良いです。「突撃」効果のある戦法を持つ武将なら、なお良いです。
ただ、総合的には「万夫不当」の方が圧倒的に優れていますので、あえて「剛勇無双」を選ぶ理由はありません。
三国志13PKの攻略内容

パワーアップキットの特徴

パワーアップキットの評価

身分の特徴と楽しみ方

シナリオ

歴史イベント・特殊絆

威名

君令

戦術

戦法

侠客プレイ

商人プレイ

武官プレイ

官吏プレイ

女性武将と結婚条件

おすすめ武将

おすすめ主人公

同志の増やし方

部隊能力計算式

パワーアップキットの裏技

コーエーへの要望

三国志13の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

好きな身分アンケート

都市人口と都市技術

兵科能力

特技の効果

重臣と重臣特性

おすすめ主人公

登録武将の作成例

育成プレイ

反乱プレイ

収入の計算式と都市開発

部隊能力の計算式と編成

小技・裏技集